行政書士試験に合格しよう

行政書士試験の魅力は、比較的取得しやすいと言われますが、年々難しくなっている様で大変ですが、弁護士や司法書士、税理士などと比べると勉強時間も短くて合格できます。


普通、本業を持ちながら行政書士試験の勉強をする方が多いと思いますが、スクール等に通わなくても独学で自宅で空いた時間で十分に合格できるものです。


しかし、一発で行政書士試験に合格するためには、試験範囲が広いので、ある程度計画的に勉強をすすめる必要がありますが、2〜3年を目標にして、1日2〜3時間程度を勉強するというスタイルで、ラクに合格できるのではないでしょうか。


働きながら、子育てしながら行政書士試験に合格しよう

行政書士の仕事は、依頼人から依頼内容に沿った手続きに必要な書類を作成して、役所などに提出するのが仕事です。


まず、許認可に関係する官公署に提出する書類作成、ADR関係等の権利義務に関する書類作成、実地調査などを伴う事実証明に関する書類作成など、多岐にわたります。


例えば、許認可関連の書類では、建設業・宅建業・酒類販売業・運送業・旅館・飲食店・電気工事業・風俗営業などの許可など挙げればキリがないでしょう。


その他、土地開発許可などの計画図や登記にかかる業務もあるでしょう。


行政書士試験ラクラク勉強法

法律知識全くなしの1日の労働時間が14時間半の残業サラリーマンが、通常一年とされる行政書士試験にわずか147日で、一発合格したラクラク勉強法です。


法律知識が全くのゼロからのスタートで、1日の労働時間が14時間半の残業サラリーマンが、平日の勉強時間は、わずか2時間、しかも、ほとんどは移動中などの隙間時間を使い、平日に家で机に向かって勉強した時間はほとんどないという効率の良い勉強方法。


短期合格の秘訣は、隙間時間を上手に使います。


一発合格を果たせずに、受験生活から抜け出せない方には、共通した重大なミスがあります。


行政書士 試験に短期合格できない理由、それは「自分の生活サイクルに勉強時間を上手に組み込めていない」のが原因なのです。


行政書士試験合格への2つのポイント

★ 1つ目のポイント
隙間時間を徹底的に攻略する。

★ 2つ目のポイント
あなたの生活サイクルに受験勉強を上手に組み込むこと。


この2つのポイントをガッチリと押さえ、あることを実践するだけで147日という短期間に合格するだけの実力を身につけることが可能になるでしょう。


行政書士試験に合格しよう